社会的影響

社会的影響

世界的に、ICエンジン(ガソリンおよびディーゼル)車は大気汚染を引き起こし、窒素酸化物 、一酸化炭素、二酸化炭素、ベンゼン、多環式芳香族炭化水素などの有害ガスを含む熱を発生 します。大気汚染は、喘息や肺気腫の人の病状を悪化させることがあります。長期的な健康へ の影響には、慢性呼吸器疾患、肺がん、心臓病、さらには脳、神経、肝臓、腎臓への損傷さえ 含まれます。

大気汚染、生態系、そして生物多様性

生態系は、大気汚染、特に硫黄と窒素の排出、および地上レベルのオゾンの影響を受けます。これは 、それらが機能し成長する能力に影響を与えるためです。二酸化硫黄と窒素酸化物の両方の排出量は 、「酸性雨」として水中、植生上、土壌上に堆積し、それによってそれらの酸性度が高まり、動植物 に悪影響を及ぼします。最終的には、酸性化は、生態系が「生態系サービス」を提供する能力、例え ば栄養素循環や炭素循環だけでなく、水や水の供給にも影響を与えます。

地上レベルのオゾンの増加はまた、植物の細胞膜に損傷を与え、それらの成長と発達に必要な重要な 過程を阻害します。植物被覆の喪失は私たち全員に影響を与えます。木や他の植生は、葉や針を通し て、過剰な二酸化窒素、オゾン、粒子状物質などの汚染物質を吸収し、それによって大気質の改善に 役立ちます。このように、植物の覆いが少なければ、私たちの空気をきれいにするための濾過能力が 減ることになります。富栄養化、すなわち窒素を含む栄養素の水体への蓄積プロセスは、しばしば大 気汚染から生じます。水生生態系における栄養素の過剰摂取は、藻類の繁殖や最終的には酸素の喪失 や生命の喪失を引き起こす可能性があります。生態系が影響を受けるにつれて、生物多様性も影響を 受けます。

さらに悪いことに、最終的には人間の人口も影響を受けます。有害な濃度の汚染物質は、特に地下水 の浸透を通して、私たちの飲料水に直接入る可能性があります。同様に、大気汚染は植生に悪影響を 及ぼし、水系を自然に濾過するのに役立つため、水質が悪化する可能性があります。影響を受ける植 生はまた、他の重要な生態系サービスにも悪影響を及ぼします。それは炭素を捉え、それによって気 候変動の影響を減らすことです。 More Details.....

私達がすること

このクリーンエネルギーシステムを世界規模で展開することで、ハイテク水素燃料エンジンなどの再 生可能エネルギーの比率を高めて、よりクリーンで持続可能な環境を実現します。